상단메뉴 바로가기 본문 내용 바로가기

文化・観光

home HOME > 文化・観光 > 東大門区紹介 > 地域特性 > 位置/面積
地域特性

位置及び特性

ソウル東部中央に位置しており、南は城東区と接し、東には中浪川を境界に中浪区、北には城北区、西には鐘路区と接している。

清涼里(チョンリャンリ)地域、京東(キョンドン)市場、青果市場を中心に副都心近隣生活機能を遂行する東部ソウルの中心地として、千戸(チョンホ)大路、旺山(ワンサン)路、古山子(コサンザ)路など、主要幹線道路が貫通し、清涼里(チョンリャンリ)駅など地下鉄1号線及び2号線が通過する交通網が構築されていて、主な交通関門としての役割を果たしている。

また、韓国科学技術院、産業研究院など8つの専門施設と慶熙大学、韓国外国語大学、ソウル市立大学などが位置し、人材育成の産室となっている。

面積

東大門区の面積は14.22k㎡であり、ソウル市の全体面積の2.35%を占めている。その内、住居地域は13.17k㎡、準住居地域は0.35k㎡であり、商業地域は0.93k㎡、緑地地域は0.12k㎡である。